配偶者に知られずに借入するコツをご紹介

「キャッシングの利用を配偶者に知られたくない!」という方は多いはず。ここでは家族にナイショで借入するコツをご紹介していきたいと思います。まず、家族にキャッシング利用がバレるパターンとして最も多いのは、「キャッシング会社から届いた郵送物を家族があけてしまい、そこから借入のことがバレる」というケース。

 

キャッシング会社からの郵送物は、差出人が(キャッシング会社ではなく)「○○センター」とされているなど、スグにはキャッシング会社からと分からないよう工夫されています。ですが、もしも…あなたに届いたキャッシング会社からの封筒を、あなたの配偶者があけてしまったら!?

 

たちどころにキャッシング利用のことがバレてしまうでしょう。よって、配偶者に借入のことがバレるリスクを減らしたいなら、家にキャッシング会社からの郵送物が届くのを止めなくてはなりません。審査通過後に発行されるカードは家に郵送されるのが一般的ですが、家族にキャッシング利用がバレるのを防ぐには、これについても自宅郵送とは別の方法を選ぶ必要があります。

 

主婦でも利用できるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

自動契約機の利用

そこでオススメしたいのが「自動契約機」の利用。キャッシングの申請時にカードの受取り方法として「自動契約機」を選択しておけば、“家でなく”自動契約機でカードを手にすることができるようになるわけです(なお、申込手続きからカード発行までをすべて自動契約機で行うことも可能ですが、審査には時間がかかるため、WEBで申込を予め済ませておき、審査に通ったら自動契約機に行きカードの受取をする…という方法がオススメですよ)。

 

また、配偶者にキャッシング利用がバレるパターンとして「夫婦で一つの通帳を利用しており、振込履歴から配偶者に気づかれてしまう」というもの非常に多く見受けられます。よって、配偶者に怪しまれないためには返済方法にも気をつけなくてはなりません。

 

ATMでの返済振込

ナイショでキャッシングするには、振込の痕跡を“通帳に残さないこと”が重要です!そこでオススメなのが「ATMでの返済振込」!借入の際には、申請前に返済方法にATMが選べるかどうかを確認するようにして下さい。

 

ただ、コンビニATMで返済したとしても、キャッシング会社のなかには、その明細を郵送で自宅に送ってくるところがあります。これでは本末転倒ですから、キャッシング会社選びのさいには、明細が郵送されてくるか否かという点もシッカリ調べることが大切です〈公式HPなどで確認可能〉。

 

なお、専業主婦・主夫で一切収入がない方は、そもそも(総量規制により)キャッシング会社での借入ができません。総量規制の対象外である銀行サービスを利用すれば、収入がない主婦・主夫でも借入できる場合があり、「三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック」「みずほ銀行カードローン」「楽天銀行のスーパーローン」「横浜銀行カードローン」「イオン銀行カードローン」などにおいては専業主婦であっても(利用限度額は低いものの)配偶者の同意なく借入が可能です。

 

とはいえ、多くのサービスでは、専業主婦・主夫が借入をする場合には、「配偶者に安定した収入があることの証明」および「配偶者の同意書の提示」が求められるため気をつけましょう。以上で示したように、サービスを吟味して利用すれば配偶者にナイショで借入することは可能です。

 

ただし、いくらナイショで借入できたとしても、返済がうまくできなければ自宅に連絡が入り、結果として配偶者に借入・返済遅延が知られることになります。ですから、くれぐれも借入は、きちんと返済プランを練ったうえで行うようにして下さい。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日