自営業者にはビジネスローン利用の可能性も

キャッシングやローンと言った商品には、非常にたくさんの種類があります。一般的なキャッシングやカードローン商品の場合は総量規制によって融資限度額が制限されてしまいますが、中にはそうした制限を受けない商品も存在しています。

 

個人がちょっとした出費の補填目的で利用する場合は通常のキャッシングやカードローン商品で充分ですが、自営業者が利用するなら、ビジネスローンの利用も検討してみることをお勧めします。借りたい金額が少額であれば、通常のキャッシング商品は非常に手軽で便利な商品となります。

 

しかし、ある程度まとまったお金を必要としている自営業者にとっては、総量規制の対象となっているキャッシング商品では不充分な可能性も否定できません。銀行だけでなく消費者金融でもビジネスローンを扱っている会社は多く、自営業者がまとまったお金を借りる上で役立つ商品となっているのです。

 

一般のキャッシングとビジネスローンの違いとは

一般のキャッシング商品は個人を対象とした商品です。それに対し、ビジネスローンは自営業者や会社経営者を対象として提供されています。実は、消費者金融から顧客への融資額を制限している総量規制は、個人向けの商品を制限の対象としています。

 

その為、個人ではなく事業者を対象としたビジネスローンは総量規制の対象から外れているのです。事業者にとって、事業に必要な資金の調達は大切な要となっています。その為総量規制によって融資限度額を制限されてしまうと厄介であり、専用のビジネスローンを利用することで、きちんとまとまった資金を借りることが理想的だと言えるでしょう。

 

事業者がお金を借りる場合、選択肢は銀行や消費者金融が挙げられます。中でもやはり一般的なイメージとして強いのは、銀行からの資金提供でしょう。しかし銀行からお金を借りる為には厳しい審査を通過しなければならず、審査と融資に時間が掛かりやすい傾向があります。資金繰りに迫られている状況で利用するには、銀行は少々不便なのです。

 

消費者金融でもビジネスローンは扱われており、銀行よりも手軽に利用しやすいというメリットを持っています。個人向けのキャッシングよりは融資に時間が掛かってしまう場合もありますが、遅くても5日以内にお金を借りられるのが一般的です。

 

また、銀行よりも審査基準が緩やかな傾向も強く、小規模の事業を経営している自営業者でも比較的スムーズに借りやすいのも魅力の一つです。業績が良く時間に余裕もあるなら銀行に融資を願い出てみるのも効果的ですが、状況に応じ、ビジネスローンで手軽にお金を借りるという選択肢も視野に入れて検討してみましょう。

 

  • ビジネスローンは自営業者を対象としたローン商品
  • 総量規制対象外で、高額な融資も受けやすい
  • キャッシングより低い金利でお金が借りられるケースが多い

 

自営業者にビジネスローンをお勧めする理由

一般的なキャッシングは手軽に利用できる魅力的な商品ですが、フリーローンであることから、どうしてもある程度の金利が掛かってしまいます。

 

しかし、利用目的が制限される専門ローンの場合、一般のキャッシングよりも低金利で融資が受けられるようになっていることが多いのです。

 

自営業者なら専門のビジネスローンを利用することが出来るので、利息負担を少なくする為にも、ビジネスローンの利用が最適だと言えるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日