即日融資手続前に時間を確認することを忘れずに!

ここ最近、即日融資の看板を掲げている金融会社は多いのですが、申し込み時間によって審査をしてくれるタイミングは限られてきます。「24時間」という受付文言を掲げている会社もありますが、24時間審査をしているということではないのです。

 

例えば、インターネットからの申し込みをすると、審査回答は夜でも回答が来ることもありますが、それをもってすぐに融資開始というわけではありません。時間帯によっては翌営業日まで審査結果回答が持ち越される可能性があります。

 

最短時間で借入れできるキャッシング
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

申し込みが早ければ、それだけ即日融資のタイミングが早まる

即日融資をしたいなら、午前中の内に申し込むというのが肝です。特に銀行振込時間内である平日14時までに申し込みを終えると、そのまま審査結果が出たら融資が開始されます。平日14時までが最終ラインであり、もう少し早めに申し込むことをおすすめします。

 

なぜなら、こうしたキャッシングの審査というのは最短でも30分ほどかかりますので、余裕を持った行動をしてください。さらに、審査に通っても、銀行は平日の15時で閉まってしまいますので、その時間を超えると振込ができなくなってしまいます。

 

15時を過ぎたら自動契約機で契約!

もしも15時を過ぎてしまったら、自動契約機に行って申し込むことをおすすめします。自動契約機に行って申し込みを開始するなら、1時間ぐらい取られる場合もありますので、早めに行っておいてください。

 

なお、インターネットから申し込みをして自動契約機に行けば、その場で申し込むよりも早く終わりますし、その場でカード発行もできます。自動契約機が強いのは、ほぼ時間に左右されないことです。

 

土日祝日であっても利用できますし、夜も営業していますので、お金の借入に関しては自動契約機が柔軟な対応ができます。契約機の操作が不安だという人も安心してください。機械には電話が備え付けてありますので、電話を使ってオペレーターとやり取りをしながら機械を操作していくこともできます。

 

本人確認書類があれば、その書類を持って契約機に行けば書類をスキャンして送ることもできます。なお、契約機の営業時間はメンテナンス時間がありますので、ホームページで確認をしておいてください。

 

同行間の振込キャッシングは銀行カードローンの強み

15時という時間制限んですが、銀行カードローンを使っている場合、同じ銀行間ならば15時以降も振込が可能です。15時までに審査に通っていることが条件となりますが、審査通過をしていれば、夜間でも土日祝日でも取引が可能なところが嬉しいメリットとなっています。

 

また、ネットバンクの口座を持っていれば、さらに融通が利きます。ネットバンキングの口座があればそこに入金をしてもらい、そのネットバンクのカードを使ってコンビニATMからお金を引き出すということも可能です。

 

消費者金融の即日融資でも時間がかかるケース

審査回答に関して時間がかかるケースというのが存在します。それは消費者金融であっても、申込者の返済能力が危うかったり、同時にいくつもの金融機関に申し込みをすると、それだけで怪しく見られてしまうということがあります。

 

なぜかというと、1社ではなく複数社に融資申し込みをするということは、イコール「自分は今、こんなにお金に困っています」というのをアピールしてしまうからです。ですから、申し込みは1社だけに絞り、確実に審査通過しそうなところを狙って申請しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日