債務整理で信用情報に記載される情報が消えるまでの期間

キャッシングの利用などで借金が膨らんでしまいとうとう生活することすら厳しくなってきたら債務整理を行いましょう。本来であれば借りたお金はしっかり返済しなければいけません。しかしどうしても返済できない状況に陥ってしまう人も少なからず居ます。

 

そんな状況になると借金を返すために借金をするような生活へとシフトしていきます。こうなるともう自力で返済する事は難しく新たな借り入れも徐々に難しくなっていきます。最終的に悪徳業者を利用するところまで追い詰められてしまうことすらありえます。

 

こうなってしまっては自力で借金を処理できる可能性は限りなく0に近いでしょう。そんな人を救済する方法として債務整理という制度があります。

 

債務整理で信用情報に傷

債務整理は借金を返済できない人を助けるための最終策です。無条件では利用できませんし借金をなくせてもその後に全く影響がないという事はありません。債務整理をすると信用情報にその事実が記載されます。

 

信用情報とは信用情報機関によって管理されていてキャッシングやクレジットカード発行の際には必ずチェックされます。そこに債務整理の事が記載されるわけですから新たに借入やカードの発行ができなくなります。過去に借金を返済しなかった人にお金を貸したい人はいませんよね。

 

債務整理情報は消える

実はこの債務整理をしたという情報は一定期間で消えます。通常の信用情報に記載されるトラブルは2年で消えることになっていますが、債務整理はとても大きなトラブルですから5年記載する事になっています。

 

つまり債務整理を行うと借金を減らすあるいは無くす事ができる一方で大きなデメリットも背負うことになります。言い方は悪いかもしれませんが事実上の借金踏み倒しを行うわけですから相応のデメリットがあることは仕方がありません。

 

しかし、債務整理は国が許可している制度ですからどうしても返済できない際には頼ることになるでしょう。借金が原因で自殺なんて話もありますから、そうなる前に法的な手続きを行うべきです。

 

また、信用情報に残る5年というのは債務整理の方法によって若干タイミングが異なります。債務整理というと主な方法は任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。一番有名な自己破産でしょう。これは財産を全て処分して借金もなくすという措置になります。この場合はすぐに借金がなくなるため5年のタイミングが分かりやすいと言えます。

 

返済計画の見直しを行う方法

残りの任意整理と個人再生の場合は詳細は省きますが返済計画の見直しを行う方法です。返済できる範囲を定めて借金自体を減らして残りを返済していくことになります。この場合は残った借金を返済し終えてから5年間をカウントする事になります。

 

基本的には無理なく返済できるようなプランになりますからかなり楽になりますが、返済が終わるまでは信用情報の5年の計算が始まってすらいないため状態がリセットされるのはかなり先の話になってしまいます。また信用情報の管理は自動管理ではないためタイムラグがあります。

 

5年ぴったりで消えるわけではないのである程度時間的な余裕をもった方が良いでしょう。また信用情報は開示請求をすれば自分の情報を確認できます。5年経過後にクレジットカードを作りたいなんて場合には事前に確認しましょう。

 

まとめ

債務整理をすると信用情報にその事が記載されてしまいます。一定期間はその影響を受けてしまいますが、一生残るわけではありません。

 

自分ではどうにもできなくなったら債務整理を行う事も考えましょう。また債務整理をした後にDMで闇金からの融資のお誘いが来ることがあります。これは絶対に手を出してはいけません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日