提携金融機関の口座の有無がポイント!即日振込も可能に

真夜中の外出は大人になれば珍しくはありませんが、お金が無い!今すぐ必要という時、即日融資を受ける方法は2通りあります。自動契約機での融資です。自動契約機は無人なので夜遅い時間帯でも営業しています。

 

夜の9時、10時まで営業しているのがほとんどで、営業時間内に申し込みの手続きが済んでいれば、審査の待ち時間も短くて済みますし、カードもすぐに発行されて手元にきます。

 

最短時間で借入れできるキャッシング
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

自動契約機の営業時間外にお金が必要になった場合

しかし、自動契約機での営業時間は夜遅くまでやっていても、せいぜい夜の10時までです。夜の10時以降にお金が必要になるケースはいくらでもあるはずです。このようなケースでも融資を受ける事ができる方法が1つあります。提携している金融機関の口座に直接振り込んでもらうという方法です。

 

提携金融機関というのは、大手の金融会社が設けている事が多く、提携先の口座であれば24時間、365日お金を振り込んでくれるというサービスです。年中無休というわけですね。もちろん、メンテナンスなどが行われている場合には利用できない事もあります。こういった事は滅多にないので、ほぼいつでも深夜、早朝でも振込が反映されるのです。

 

このようなサービスをうけるにはあくまでも、提携金融機関の口座がある場合に限られます。深夜の外出が多い方で、お金が足りなくなるという経験をされている場合は、あらかじめ準備として提携口座を持っておくことをおすすめします。深夜10時以降のキャッシングはこの方法に限られています。

 

インターネットでの申し込みは24時間

両方の方法で利用できない場合は、最短で翌朝の営業時間まで待つしかありません。翌朝自動契約機で手続きをすると良いです。その代りインターネットでの申し込みは深夜など時間を問わず行えますので、自宅でネット申し込みを済ませておけば、入力作業を短縮する事ができ時間を短くする事ができます。

 

自動契約機での申し込みでは優先的に審査をしてくれるというメリットがあります。ネットでの申し込みを済ませてしまえば審査結果が出るまでの時間は自由です。自動契約機での申し込みでは、審査が出るまでの時間はその場で待つ時間が必要になります。

 

この時間は利用する者にとっては意外と苦痛ですから、これを極力時間短縮するために、自動契約機での申し込みを優先しているわけです。時間短縮をするためには、ネットで個人情報などを入力して送信した後に、自動契約機で本審査の申し込みをすると、最短で融資を受ける事が可能になります。

 

ヤミ金には注意する

提携金融機関以外でも深夜の審査や融資を行っている業者があるかもしれませんが、ヤミ金の可能性もあります。深夜に営業している記入業者は滅多にありませんので、危険な悪徳業者である可能性が高いです。確かにすぐにお金が手元に来ることには変わりは無く、ヤミ金業者を利用すれば目的は果たせます。

 

しかし、その場では解決しているように感じられますが、高利での返済を余儀なくされる可能性がとても高いです。10日で1割という一般的にもトイチという単語で浸透していますが、利息が高い業者というケースがあります。トサン、トゴというさらに高い利息を要求する場合もありますから、あっという間に借金が膨らんでしまいます。

 

たとえ今すぐ必要であったとしても、安易にヤミ金業者を利用する事は避けるべきです。困った時の緊急性がある時ほど、冷静な判断を鈍らせてしまいますから日頃からお金の利用、借り入れには計画が大切で、借りる前に貯める、稼ぐ方へ目を向ける事が大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日